母親が乳がん手術と放射線治療を行いました

母親が乳がん手術と放射線治療を行いました

私の母親は、胸にしこりを感じて診察を受けた結果、乳がんと診断されました。その後もセカンドオピニオンで受診をしましたが、同じ診断だったので、そのことを自分で自覚して、治療を行う決心をつけたのです。
こちらからがん治療 免疫について知ることが出来ます。
その治療と言うのは、手術と、放射線治療です。まず手術をした後に、リンパ節などに放射線を照射するというものです。
お探しの免疫治療 がん療法についてはこちらです。
その手術については、そんなに苦痛と思うことはなかったようです。全ての乳房を取りきるのではなく、温存療法と言うもので、少し残したようになっていますので、精神的に気分が楽なようです。
免疫治療 病院をお探しならこちらです。
しかし、その後の放射線治療は、かなり苦しかったようです。まず辛いのは、食事を食べることができないということです。食欲がなく、その照射をした日には全く食べることができないと言うこともありました。
気になる方は免疫治療 NK細胞←をクリック!
また、その照射をした部位が赤くなったり、腫れてくることも有り、そのことについても悩んでいました。
話題の免疫細胞 最先端情報についてはこちら!
これからもずっと、その病気と付き合っていくことになるので、気持ちをしっかりと思って、頑張っていくつもりと話しています。