認定薬剤師と専門薬剤師の違いと転職求人

 

認定薬剤師と専門薬剤師には、たくさんの種類があります。
転職求人でも、この2つの資格を条件に入れているものもあります。

 

この資格を持っていると年収に違いなどか出てくるものなのでしょうか。
また、認定薬剤師や専門薬剤師になるにはどうしたらいいのでしょう。
調剤薬局などに就職を希望する人であっても、これらの資格を
取得しておいた方がいいのでしょうか?

 

そもそも、臨床薬剤師が増えていたわけですが、
さらに専門的な知識や技能が薬剤師に求められるようになっています。
このような要請に応じて誕生したのが、専門薬剤師です。
専門分野に特化した知識や技能がある薬剤師ということになります。

 

一方の認定薬剤師は、ジェネラリストの薬剤師という捉え方をする人もいますが
認定薬剤師の種類から考えると、ジェネラリストとは少し違うのではないかと思います。
認定薬剤師や専門薬剤師になるには、各団体によって必要な条件が違うのですが
一定期間の薬剤師としての経験や、専門分野での実績、必要な研修などが要件とされています。

 

資格を取得している薬剤師本人としても、自信を持って業務を行うことができますし、
専門性を磨くことができるので、より知識を深めたいと考えている薬剤師に適した資格です。
認定薬剤師や専門薬剤師の資格を持っていることは転職の際にも有利に働くことになります。

 

能力を十分に活かすことのできる求人を見つけることができれば、
応募して採用されることになれば、薬剤師にとっても、
雇う側にとってもメリットが大きいのです。